No.161 - 2007.12.20

■ECO-BIZ NEWS TOPICS
温暖化対策でコベネフィット推進/粘土原料の多機能膜実用
化視野に/東京都、CO2削減義務化へ都条例改正

■今月の環境データ
ダイキン工業「現代人の空気感調査」
■FEATURES
【特集1】 企業の環境対策と事業創出への形態
水資源~工場排水対策・汚泥に係わる資源回収
【特集2】 産業別・環境ビジネス開発の視点(新連載 第8回)
『自動車産業』
代替燃料を取り巻く技術革新からの非自動車事業に期待
■注目の海外環境ビジネス動向
スウェーデン政府は持続可能性に基づくビジネススタイルを確
立する施策を発表/米国エネルギー省は08年から3ヵ年で
バイオ燃料研究開発に770万ドルの予算を追加/ゲノム技術
による微生物操作で下水は近い将来、飲料水と電気の源にな
ると米国企業/温室効果ガスを95%カットのクリーンな石炭
燃料火力発電/米国民間企業が水素を低価格でつくる技術
ほか
■大手企業の環境ビジネス動向
~素材・部材、製造装置で海外需要盛んな太陽電池~
富士電機システムズ=フィルム型アモルファス太陽電池の生産
設備増強/ホンダソルテック=CIGS化合物の薄膜太陽電池
全国発売開始/大阪産業大=太陽電池やディスプレイの透明
導電膜に使用するインジウムすずの使用量を削減できる技術
開発 ほか

■環境商品ウォッチング 連載第21回
太陽電池利用携帯電源/太陽光発電で駆動の電動バルブ/
太陽電池と防水シートを一体化/採光困難な場所でも設置
可能なLEDソーラー街路灯

■省庁動向
2008年度も拡充 経済産業省 新エネルギー概算要求
■特別寄稿 『躍進する九州の環境ビジネス』第6回
福岡の粘土瓦リサイクル事業
~NPO環境管理システム研究会 杉元勝~
■環境ベンチャー訪問
米国発の塩素代替殺菌技術で安心・安全な水環境創造
株式会社NSP
■環境技術とIR
9兆円市場へ向けて踏み出したLED