No.162 - 2008.1.20

■ECO-BIZ NEWS TOPICS
世界有数の「都市鉱山」を持つ日本/オフィスビル、住宅対象
に省エネ拡充図る/ソニー、ノキアなど連携で環境特許開放へ

■今月の環境データ
廃石膏ボード由来原料でビジネス開拓
■FEATURES
【特集1】 08年トレンド
世界でピカリと光る日本の環境技術
【特集2】 企業の環境対策と事業創出への形態
食品資源 食品廃棄物の有効活用技術
【特集3】 産業別・環境ビジネス開発の視点(新連載 第9回)
『電子部品産業』
■環境的思索(その7)
ディスポーザー考
■環境人インタビュー
日本初の環境分野の人材紹介会社 根岸弥之社長

■短期連載 バイオマスエネルギー開発技術最前線
第1回 下水汚泥の炭化による燃料化技術

■注目の海外環境ビジネス動向
すべての家を2016年までにゼロカーボンにする英国/モニタリ
ングツール常備で年間15%節電可能と米国エネルギー省/
中米原産ヤトロファを新たなバイオディーゼル源とする研究を
米・独企業が開始 ほか
■大手企業の環境ビジネス動向
~海外で事業連携活発な水処理~
中東とアジア市場で水処理事業を拡大する東レ/シャープの液
晶パネル工場で洗浄に用いる超純水の供給事業など栗田工業
が専門部署を設けて本格展開へ ほか

■環境技術動向
鉱物の結晶内に有害物質を吸着/微生物を活用した環境浄化
システム/余剰汚泥を従来比80%削減する新システム

■省庁動向
2008年度の主な税制改正と関連ビジネスを一覧
■特別寄稿 『躍進する九州の環境ビジネス』第7回
大谷化学工業
~NPO環境管理システム研究会 杉元勝~
■環境ベンチャー訪問
竹繊維の製品用途拡大すすめる
池上機械株式会社
■環境技術とIR
注目! アジアに拡がる日本のCDMによる排出権取引