No.166 - 2008.5.20

■ECO-BIZ NEWS TOPICS
バイオ燃料=食糧と競合しない道は/課題克服で実用か目指す淡水藻からのBDF/世界初の熱電素子自動車開発=大阪産大

■FEATURES
【特集1】水処理事業での業界構造と日本企業の位置付け

【特集2】国内炭見直しとメタンハイドレート

【特集3】省エネ支える熱交換器

【特集4】環境ビジネスのアジア市場は5倍に

■産業別・環境ビジネス開発の視点(連載第13回)
石油産業~精製技術を新エネ開発に転化するコアに注目

特別寄稿:すぐ役立つ排出量取引の基礎知識(下)               ナットソース・ジャパン株式会社

 

■注目の海外環境ビジネス動向
再生可能をキーワードにするEUエネ政策の最新動向/デンマーク企業が豚の尿を素材にプラスチック商品化/米国石油メジャー、木質燃料の乗用車開発研究へ/食品価格に影響しない植物由来エタノール開発計画/太陽電池動力システム装備スーパー米西海岸に開店
■大手企業の環境ビジネス動向
【エコマテリアル関連】
東芝マテリアル非酸化チタン系複合材の可視光応答型光触媒開発/NIPPOと長島特殊塗料、光触媒でNOx除去の道路舗装材開発/大日本スクリーン製造と米国デュポン新方式有機ELディスプレイ開発へ/NSK軸受保持器に使う生分解性樹脂開発/超軽量バイオナノファイバー
■環境商品(22回)
【エコマテリアル応用製品】

■省庁動向
2008年4月11日~2008年5月10日の省庁公表情報

■特別寄稿『躍進する九州の環境ビジネス』第11回
「サワテック株式会社」
NACシステムで大きな未来へ
~NPO環境管理システム研究会 杉元勝~

■環境ベンチャー訪問
省エネの「見える化」と「見られる化」から顧客支援
イーキュービック株式会社

■環境技術とIR
エネルギー貯蔵・蓄電装置にリチウムイオン電池